しっかり焦点を絞り続けなさい。それも、レ​ーザー光線のように焦点を絞るのです。

しっかり焦点を絞り続けなさい。

それも、レーザー光線のように焦点を絞るのです。

Stay true to focus – laser focus

byティム・クック(アップルCEO)

こんばんわ。

YMC株式会社の山本です。

昨日は、プレセミナーを東京で開催しました。

東京会場は、本当に、多くの方に来ていただいて真冬なのに熱気ムンムン。

何人かの方には、すでに本プロジェクトに申込みをしていただきまして、この方達は、人生を変える180日間になるんだろうなと確信しています。

100%信じて、猛烈に取り組む期間を作ろう

成果の出ない人は、だいたいこんな行動をします。

  • 色んな人のメルマガを読んでいる
  • 色んな人のセミナーに参加している
  • 色んなDVDを買っている

ようはありとあらゆる「情報を取る」行為をしているんですよね。

まあ、情報を取ること自体は大事ですが、悲しいかな行動が伴わないと成果はでません。

つまり「フォーカス」できていないんですよね。

亀仙人に学んでるはずなのに、鶴仙人のところにも修行にいってる。

こういう状態にある方は、成果出ません。

期間を決めて、レーザーフォーカスしよう

オススメは、情報源を1つに絞ることです。

アップルのCEOであるティム・クックはこんな言葉を残しています。

しっかり焦点を絞り続けなさい。

それも、レーザー光線のように焦点を絞るのです。

Stay true to focus – laser focus

byティム・クック(アップルCEO)

ティム・クックは、質問のうまい米国人ジャーナリストから、こんな質問をされたそうです。

「輝きを失ってしまったソニーの轍を踏まないために、アップルはどうすればよいのか?」

そのとき、クック氏が一瞬の間を置いて絞り出した答えも

「レーザー・フォーカス」

だったそうです。

なぜ「フォーカス」しなければならないか?

それは、僕らの持っている時間やお金などのリソースが足りないからです。

人間には無限の可能性がある。しかしたった一つしか選べない

おそらくイチローは、野球以外でも世界屈指のプレイヤーになっていたかもしれません。

将棋の羽生さんも、将棋以外でも大きな成果を出す能力を持っていたでしょう。

ところが、イチローは野球に、羽生さんは将棋にフォーカスしました。

フォーカスしたからこそ、名を残したわけですよね?

人間には無限の可能性があります。

チャレンジしたら不可能なことはないかもしれない。

でも、僕らの人生は80年くらい。

あれもこれもやる時間が足りないんです。

あれもこれもやってたら、成果が出にくい。

つまり、なにかでことを成そうと思えば、

  • 悲しいかな、たった1つしか選べない

これが分かっている人は、早々からフォーカスを実践しています。

いま、与えられている環境において、やれることを絞りましょう。

そこに全精力を集中しないと一点突破は図れない。

ライバルに勝てないのです。

山本