「カメハメ波」は打てるのに、「ギャリック​砲」を修行してませんか?

こんにちは。YMC株式会社の山本です。

色んな治療院さんにコンサルを提供していると、気がつくことがあります。

成果のでてない治療院は、

  • チカラのかけどころを間違えている

ってことに気が付きます。

具体的に言うと、自分の「お金」と「時間」と「エネルギー」をかけるポイントがズレているわけです。

「カメハメ波」は打てるのに、「舞空術」ができないみたいな。

なのに、今度は「ギャリック砲」を身に着けようとしている様な感じです。

  • いや、修行するところがちゃうやろ

というようなイメージです。

これでは天下一武道会で優勝できません。

自分のビジネスの一番弱い部分が、あなたの治療院のパフォーマンスを決定している

治療院が価値提供から利益を得るためには、必ず満たさねばならない要素があります。

  1. 商品サービスの企画
  2. 施術技術の取得・向上
  3. 店舗運営・接客
  4. 人事
  5. 集客
  6. 販売
  7. アフターフォロー

ざっくり言ってこれくらいのステップが必要なわけです。

しかも、これらは一連のユニットとして機能しています。

書籍『ザ・ゴール』に出てくる「制約条件の理論」によると、

  • どんなシステムであれ、常に、ごく少数(たぶん唯一)の要素または因子によって、そのパフォーマンスが制限されている

と言われています。

つまり、さきほどの1~7のもっとも弱い部分が、あなたの治療院のパフォーマンスの「上限」を決めてしまうんです。

たとえば、

  • 治療はメチャクチャ上手い、だけど集客が全然できなくて、販売も苦手

という治療家さんは、「5,集客」「6,販売」が弱点になっている。

なので、いくら今以上に技術を磨いても、今以上に儲かることはありえません。

他にも事例を上げると、

  • 集客はメチャクチャ上手い、だけど人事が苦手でスタッフが育たない

という治療院さんは、「4,人事」が弱点になっています。

なので、人事問題が解決しない限り、これまで以上に集客にチカラを入れても、パフォーマンスは、いま以上はあがりません。

つまり、自分の治療院の「弱点」を強化しない限り、パフォーマンスは劇的には改善しないわけです。

※この弱点のことを「制約条件の理論」では「ボトルネック」と呼びます

このボトルネックを解消する仕事こそが、

  • 最小の作業量で、最大のパフォーマンスをだす仕事

になります。

もっともテコが効く仕事になるんです。

自分のステージによってやるべきことが変わる

治療院の創業期で、年商が低い段階の治療院で必要なものは、間違いなく「5,集客」「6,販売」です。

ところが、この創業期に「治療技術」ばかり気にしている人がいます。

逆に事業が軌道に乗り始めたあとに求められるのは、組織をつくる「4,人事」です。

ところが、この成長期に、まだ「集客・販売」ばかりに固執している人がいます。

もちろん、イレギュラーはあります。

でも、ステージによってやるべきことが変わるってことを覚えておいて下さい。

あなたの治療院の弱点はどこでしょうか?

どこがボトルネックになっているでしょうか?

「カメハメ波」は打てるのに、「ギャリック砲」を修行してませんか?

山本