【よくある間違い】→自分の収入を多くする​ためには、頑張って長時間労働しなければな​らない!

こんにちは。

YMC株式会社の山本です。

今日は、あなたの自由時間を増やす方法についてお話します。

僕らが提供する、

  • 儲かる治療院180日プログラム

で目指す目標は、治療院経営において、

  1. 経済的自由
  2. 時間的自由
  3. 精神的自由

を手に入れていただくことです。

これが目標です。

なので、そのためにやらなければならないことをステップ・バイ・ステップでお伝えしています。

ここからが重要なんですが、この「自由」を手にするためには、

  • 治療院経営者が陥りがちな思考

から離れることが重要です。

そのためには、仕事の「質」という概念について、言及しなければなりません。

【よくある間違い】→自分の収入を多くするためには、頑張って長時間労働しなければならない!

…で、多くの残念な方は、

  • 時間内に言われたことを納品すれば給料が発生する

という思考で働いています。

ようは、「自分の使った時間への対価」を「すぐに」求める傾向があります。

いわゆる“労働収入”と呼ばれるタイプの仕事ですね。

これが、そもそもの、「間違い」の始まりです。

「1時間ほど施術しました。はい◯◯円下さい」

というロジックでしか、物事を考えることができないと、「質」の高い仕事ができなくなります。

意味わかりますかね?

「労働=収入」

というロジックで考えると、

「自分の収入を多くするためには、頑張って長時間の労働をしなければならない!」

となります。

自分が施術をすればするほど、収益は上がります。

しかし、

それは、単発型の収益なので、1回の労働が、1回の収益で終わるわけですよ。

このタイプのは方は、働き過ぎて、身体を壊して入院している治療家さんも多いです。

しかも困ったことに、

あなたが不慮の病気や事故で働けなくなった瞬間に、あなたの収入はストップします。

繰り返します。

いくら良い単価の施術を提供できたとしても、あなたが病気になって入院した途端、

  • 収入はストップ

します。

一方で…

年商をドンドン伸ばして、自分の時間もしっかり確保して、好きなことをして生活している治療家もいます。

彼らは、どういう思考でモノゴトを捉えているのか?

答えは、簡単です。

「権利=収入」

という視点でモノゴトを捉えているのです。

そういう人は、

「自分が労働することで、直接収益を産まなくても良い」

と考えています。

そして、

  • 自分が一度した労働が長期的に収益を産み続けるキッカケになる

ように工夫をしています。

たとえば、業種を変えてわかりやすく言うと、

  1. 不動産投資
  2. 株式投資
  3. 印税

とかの考えかたと同じです。

ようは、自分が労働をしなくても、収益が上がるようなスキームを作っているんです。

意味わかりますかね?

こういう収益パターンを構築できると究極的に言えば、

  • 時給1000万円の仕事

も可能になります。

ロードの作詞作曲をした高橋ジョージには毎年1200万円の印税が入る

今でもカラオケに行けば誰かが歌う、虎舞竜の名曲である「ロード」。

あの曲を作った高橋ジョージは、いまだに年間1200万円程度の、印税が入っているそうです。

1993年に220万枚を売り上げたTHE虎舞竜のCD『ロード』(トライエム)はインディーズレーベルからの発売だったため、作詞作曲を手がけた同バンドのボーカル・高橋ジョージは、

「1年後に約22億円もの印税収入があった」

とテレビ番組で告白している。

いまだに、高橋のもとには年間1200万円程度の印税が入るという。

高橋ジョージ、『ロード』の印税は22億円 アイドルはCD1万枚売れても5000円?より引用

これのスゴさがわかりますかね?

高橋ジョージが「ロード」を作詞作曲して、レコーディングするのに、どれくらいの時間を使ったかわかりませんが、仮に、1ヶ月かかったとしましょう。

しかも、1日8時間労働で計算したとします。

  • 30日×8時間=240時間

です。

そして、これも仮に、「ロード」の印税が入り始めたのが、1994年からで、初年度22億円入って、それ以降年間1200万円の印税収入を2017年までもらい続ける、と仮定すると、

22億円+(1200万円×22年間)=24億6400万円

がこれまでの収益です(笑)

はい、これを、労働時間の240時間で割りましょう。

24億6400万円÷240時間=約1026万6666円

でました(笑)

高橋ジョージは、「時給1026万円」の仕事をした、ってことになります。

しかも、この労働は、今後ずっと収益を産み続けるので、

  • 時給1026万円以上

ってことになります。

時間という概念を味方につけると、こういうことが可能になります。

もちろん、あなたの1時間の施術に、1000万円払ってくれる大富豪の顧客がいれば話は別ですが(笑)

こういう話をすると、

「おいおい、治療家のオレに、作詞作曲をやれっていうのかよ!」

って思う方もいるでしょうが、そういうことが言いたいのではありません。

あなたのやらねばならない仕事は、労働収入なのか?権利収入なのか?

治療院経営をする中で、やらねばならない仕事の中には、さっき言ったような2種類のタイプに振り分けられます。

  1. 労働収入型の仕事
  2. 権利収入型の仕事

で、僕らが自由を得たい経営者が注力しなければならない仕事は、無論

「権利収入型の仕事」

となります。

自分が寝てようが、遊んでようが、海外にいってようが、収益が上がるシステムにしておかないとダメなんです。

そのシステムを作り上げる労働が、

「権利収入型の仕事」

になります。

たとえば、

  • スタッフを採用し教育する仕事
  • マニュアルを作る仕事
  • ホームページを作る仕事
  • チラシを作る仕事
  • 収益の上がるビジネスモデルを作る仕事

などが権利収入型の仕事になります。

反対に、労働収入型の仕事は、

  • 施術をする仕事
  • 単発のトレーナーの仕事
  • 単発で何かの物品を売る仕事

※自分が労働をすることで収益が得られる仕事全般

となります。

労働収入型の仕事しかしていない治療院経営者は、すぐに限界が来ます。

自分の身体だけが資本となりますから、自分のキャパシティを超える収入は得られません。

一方で、われわれの提唱する180日プログラムでは、

「権利収入型の仕事こそが経営者の仕事」

という概念のもとで、すべてのステップを構築しています。

じゃないと自由が得られませんので。

そのシステムを構築するためには、もちろん労働をしなければなりません。

しかし、一回した労働は、高橋ジョージ型なので、積み上がるわけです。

一度、作った業務マニュアルは、多少の修正が必要だとしても、もう作らなくていいです。

  • 一度やった仕事が、効果を発揮し続けるのです。

一度、ちゃんと作ったホームページは、多少の修正が必要だとしても、もう作らなくていいです。

  • 一度やった仕事が、効果を発揮し続けるのです。

一度やったスタッフ研修は、ビデオに撮っておくと、多少の修正が必要だとしても、もう研修しなくていいです。

  • 一度やった仕事が、効果を発揮し続けるのです。

経営者がこういった概念で権利収入型の仕事をしていくと、数年後には、自分がやらなくても治療院は回るようになります。

つまり、「自由」ができるのです。

フラッと海外にいってもいいでしょう。

ヨリミツのようにMBAの課程に進んでもいいでしょう。

思いついたように、昼から飲みにいってもかまいません。

なにせ「自由」なんですからね。

さて、あなたは、

「1時間ほど施術しました。はい◯◯円下さい」

という概念で仕事を続けるか?

高橋ジョージのように、

「時給1026万円に化けるような内容」

の仕事をするか?

選ぶのは、あなたの自由です。

山本