掲載率はたったの4%!雑誌『ザ・ニューヨ​ーカー』にボツにされ続けた漫画家の話

こんにちは。

YMC株式会社の山本です。

「やったけど効果が出ないので辞めたんですよ」

とスグにあきらめる人がいます。

いっちゃ悪いですが、こういうタイプの人は、いつまで経っても売上があがりません。

もちろん、行動しているわけなので、評価はできますが、その後の改善アクション数が少なすぎます。

いま読み込んでいる『GRIT』という本の中に、こんな話があります。

掲載率はたったの4%!雑誌『ザ・ニューヨーカー』にボツにされ続けた漫画家の話

野球界の名門チームがニューヨーク・ヤンキースなら、漫画家にとっての最高の舞台と言われるのが

『ザ・ニューヨーカー』

でした。

この雑誌に自分の漫画が採用されることが、漫画家にとっての一流のあかしになるそうです。

それを目指すマンコフと言われる漫画家は、『ザ・ニューヨーカー』編集部に自分の漫画を売り込みに行きました。

当然のことながら、不採用の嵐・・・。

だって、契約漫画家から毎週約500本の漫画が送られてくるが、各号の掲載枠はわずか平均約17本しかないんですもの。

不採用率は、実に96%以上。

持ち込みを2年も続けるうちに『ザ・ニューヨーカー』にボツにされた作品で、マンコフの部屋の壁が埋め尽くされるくらいになりました。

そこで、マンコフは、考えました。

「ただ何度も挑戦するだけではダメだ。アプローチ方法を変えてみよう…!」

彼は、ニューヨーク図書館に行って『ザ・ニューヨーカー』に掲載された漫画を、1925年の創刊号から1つ残らず調べてみたんです。

見ていくと、ある発見がありました。

掲載されている漫画に共通点があったのです。

  1. 読者に「考えさせる」ということ
  2. どの漫画家も独特の個性あるスタイルを持っていること

「なるほど、そういうことか…!」

マンコフは、これまでに掲載された漫画を1つ残らず調べていくうちに、確かな手応えを感じたわけです。

2000回の不採用通知にめげずに挑戦を続けた

それからというもの、マンコフは、いろいろなスタイルで漫画を書きました。

そして、とうとうドットスタイルにたどり着いたんです。

ドットスタイルとは、「点描」と呼ばれる技法ですね。

1974年から1977年まで、『ザ・ニューヨーカー』に作品を持ち込んではボツにされることおよそ2000回。

ついに、『ザ・ニューヨーカー』に掲載されることになるわけですね。

翌年には13の作品が買い取られ、その次の年には25、さらに次の年には27と数を伸ばしていきました。

最終的に571本のマンコフの漫画が『ザ・ニューヨーカー』に掲載され、ついには『ザ・ニューヨーカー』の編集者になり若手を指導する立場にもなりました。

マンコフは言います。

「漫画も人生もそうだけど、9割がたはうまく行かないからね」

めげずにコツコツと修正を繰り返す「覚悟」がないと成長はありえない

これ、すべてに通じる話です。

治療院のホームページも同じです。

「ホームページで集客できる」

と聞いて作ってみたは良いけども、あまり反響がなかったとします。

それですぐに

「うちの地域ではホームページ集客は通用しない」

「ホームページ集客なんて効果がない」

と、あきらめる人がいます。

でも、本当に成果を出す人は、しつこく「改善」し続けます。

うちのクライアントさんで、3年ほどおつきあいがある治療院の先生がいますが、

HPのヘッド画像を

  • 64パターン

変更していました。

※さっき数えてみました(笑)

この3年間、そのクライアントさんと一緒に、あれこれと仮説をたてながら、検証・改善を繰り返していったわけです。

  • 画像のこの部分が悪いんじゃないか?
  • このキャッチコピーより、こっちの方が良いんじゃないか?
  • もう少しわかりやすく変えたほうが良いんじゃないか?

まさしく試行錯誤の連続です。

その間、成果が出ない時期も、もちろんありました。

でも、そのクライアントさんは、文句も言わず、ずぅぅぅっと、あきらめずに、改善をし続けました。

今では、「ある特定の症状の患者さんを獲得するための必勝パターン」ができつつあります。

本当に素晴らしいです。

あなたは、どうでしょうか?

「うちの地域ではホームページ集客は通用しない」

「ホームページ集客なんて効果がない」

と、すぐにあきらめてないでしょうか?

やり方を変えながら、じわじわコツコツと改善し続けてますか?

山本