5年前の自分に、会えるとしたら?

『We are What We Choose.(これまで選択してきた結果が、今の私たちなのだ)』

byジェフ・ベゾス(Amazon創業者)

こんばんわ。

YMC株式会社の山本です。

僕とヨリミツ先生が、仕事を一緒にするようになったのは、今から5年ほど前です。

「最近、新規患者さんが減って苦しいんだよね。ホームページで集客したいんだけど作ってくれない?」

当時、独学でホームページ作成と集客を学んでいた僕に話が来たのです。

僕はリサーチをしてみました。

「ああ、岡山県内の整骨院で、ホームページで集客を意識しているところはゼロですね・・・」

直感的に、僕は思いました。楽勝だと・・・。

僕はビリヤード店を辞めて、実家に返って起業をしようと考えていました。

そんなときに、HP作成の話があったんですね。

ヨリミツ先生は、岡山市内の他の整骨院の経営者よりも、いち早く

●インターネットの可能性

に気がついていました。

そして、彼は、決断をしたのです。

「オレ、車売って資金作ったから。1年くらい利益でなくても大丈夫。覚悟はできているから。」

この言葉は、僕は、今でも覚えています。

当時、乗っていたクラウンアスリートを売って、ネットでの集客用の資金を作っていたのです。

ヨリミツ先生は、覚悟を決めていました。

・・・あれから5年。

そのときに“作る”と選択したホームページは、今では毎月何十人もの患者さんを治療院に運んできています。

『We are What We Choose.(これまで選択してきた結果が、今の私たちなのだ)』

Amazonの創業者であるジェフ・ベゾスが、母校の卒業式のスピーチで卒業生に送った言葉です。

あなたの今の現状は、あなたが過去にした“選択の結果”です。

あなたの“今の選択”が、“未来のあなた”を作ることになります。

仮に、今、あなたの前にバック・トゥ・ザ・フューチャーのドクが現れて、

「5年前に戻るタイムマシーンを開発した!昔の自分の行動を変えることで、今を変えることができるぞ!」

と言われたらどうしますか?

5年前の自分に、会えるとしたら、なんて言葉をかけてあげられるでしょうか?

5年前の自分に、声をかけられるとしたら?

たぶん、

「お前、もっと頑張れよ!」

「○○の株は高騰するから買っておけ!」

「ホームページをさっさと作っておけ!」

とか言うはずですよね。

「5年前のお前がサボったから、今の俺が苦労してるんだ!」

と言うはずなんです。

では、

今、現在に戻って、5年後の自分自身にあなたは何て言われるでしょうか?

「お前、今やらずにいつやるんだよ!」

「その商品を作っとけよ!」

「なんでさっさとやらないんだよ!ボケ!」

「そのサービス売ってたら今ごろ俺は・・・」

「もっと貯金しとけよ・・・」

と言われるハズなんですよ。

・・・というか、

●今、まさに言われている状況

なんですよ。

『We are What We Choose.(これまで選択してきた結果が、今の私たちなのだ)』

未来の輝かしい自分を作るのは、今の自分の選択なのですから。

「5年後の自分」に褒められたいのなら

山本