懇親会に参加し成功事例を交換すると、思い込みのブロックが外れる

行きつけの自転車専門店より

おはようございます。ヨリミツです。

先日は交通事故のセミナーを開催するために、名古屋に行って来ました。

東京には良く行く機会があったのですが、名古屋にはなかなか寄ることができず、今回の名古屋入りが「生涯で初めて」だと思います。

今回のセミナーは、交通事故専門ヨネツボ行政書士名古屋の小泉先生、鶴見先生に、自賠責保険についての基礎的な講義をして頂きました。

私達も自賠責保険についての知識がより深まったと思います。本当にありがたいです。

今回のセミナーなのですが、なかなかホットなセミナーになりました。

自己紹介も、そこそこでセミナーをスタートして10分ほど経ったくらいに、私は、この様に発言しました。

「あの、セミナーなんですけど、なるべく疑問を残したままで帰ってもらいたくないので、質問がある場合はセミナーを途中で止めて質問しまくってくださいね」

ここからでした・・・。

話している途中にドンドン質問が飛んで来たんです!!

そうそう!そうなんです!!

せっかくセミナーを受けに来てくれているのだから、どんどん質問して欲しいんです!

こうなってくると、私の方も結構ヒートアップしてきてしゃべりまくりました。

90分の時間があっという間に過ぎ去ってしまうような素晴らしいセミナーとなりました。

そして他の先生のセミナーのパートも終わって懇親会会場へ。

夫婦で整骨院を経営されており、今回の自賠責セミナーに参加されていた方が、私の隣に座りました。

そのときに、とても嬉しいお話をして頂きました。

「先生のお陰で、開業して初月から黒字になりました!!」

はじめは、何かしてあげたかな?なんて思っていたのですが、どうやら私が出している「整骨院のリピート率、単価アップDVD」を購入してもらっており、その内容を全て愚直に、そして徹底して行動に移したそうです。

すると・・・

●開業した月から、いきなり黒字
●95%のリピート率
●多くの患者様からの喜びの声

を実現できたとか。

お客様の声って、どうやってとったら良いんですか?

本当に、喜びの声をもらうのは嬉しいですね。

私達も喜びの声をもらうと、かなりやる気が出てきます。

結構テンションが上がっていたので、そのまま「DVDのお客様の声」も書いていただきました。ありがとうございました。

この「お客様の声」は、私たちのセールスページにも、掲載しております。

あなたの整骨院がたった7日間で自由診療売上が3倍UPするとしたら、どうしますか…?

今回の自賠責セミナーでも、

「お客様の声ってどうやってとったらいいんですか?」

という質問がセミナーであったのですが、ここで回答すると

お客さんが感動して、感情が高ぶっている瞬間に書いてもらうのが一番の正攻法です。

エモーショナル(感情)マーケティングという言葉があるくらいですし、感動して感情が揺れ動く瞬間が非常に大切。

この場合は凄く良いお客様の声を書いてもらえる場合が多いので、感情の高まった瞬間を狙って、積極的に「お客様の声書いてください!!」って頼むのが効果的でしょうね。(今回も書いていただいてい本当に、ありがとうございました)

その後も、懇親会会場に残った参加者で、しっかり情報交換などをして(お酒もしっかり飲んで)私達も大変勉強になりました。

セミナー開催者っていうのは、参加者さんに体系だって説明をしないといけないので、開催されるテーマについて凄く知識が深まるわけです。

更に懇親会の際に、そのテーマについての質問や、私達では思い浮かばなかった違った視点での意見を聞いたりして知識が更に深まります。

より広い視野で物事を判断する材料をもらって帰るわけです。

ここだけの話、セミナーを開催することは、実は私達もかなり勉強になっており、実は開催者のほうが凄くメリットの大きくなるのです(笑)

懇親会に参加し成功事例を交換すると、思い込みのブロックを外れる

セミナーというのは、基本に演者が中心で話をします。

さらに、セミナーの規模が大きくなれば、演者が一方的に話をすることになります。つまり、参加者は自分の意見を言う機会がなくなります。

ところが、懇親会となればどうでしょうか?

セミナーの演者だけではなくて、参加者さんも積極的に発言をします。

なかには、セミナーの開催者よりも有益な情報を持っているケースも多々あるわけです。

今回も、懇親会中に、お客様の声を書いて頂いた先生も、

●自院のチラシを近隣店舗に、ほぼ100%置いてもらえる頼み方
●ありえないほど口コミが発生する、アイテムの設置法

などを逆に教えてもらいました。

「えー!?それスゴイですね!」

みたいな会話が飛び交うわけです。

当然、懇親会に来るメンバーは、経営に成功しているポジティブな方が多いので、エネルギーを貰えますし、一緒に時間を過ごすことで成功するための考え方が勝手に身につきます。

人間は、付き合う人に影響を受けますからね。

日頃、

「健康保険が厳しくなったのは国が悪い!」

「治療を認めない損保会社が悪い!」

などの愚痴を言い合っているメンバーの中に、ずっと居ると悪影響を及ぼします。

しかし、私達の開催しているセミナーの懇親会に来るような先生は、

「どうやれば自費診療を売れるか?」

「どうやれば損保会社さんと上手く付き合えるか?」

と常に建設的な意見を交換しております。結果を出すべくして、出している。

そう言った理由で、セミナーの後に懇親会があれば、絶対に参加したほうが良いです。

そのセミナーに対するテーマについて、すんごく興味がある人が集まっているわけなので、初対面でも、軽くお酒なんて飲んで情報交換したらすぐに打ち解けます。

当然、同業者なので、凄く有益な情報をもらえる可能性も、かなりあります。実際、開催者である私達も、有益な情報をもらっている場合が多々あります。

普通に、

「鍼だけで月間600万円くらいです」

とか

「自賠でランニング30人くらいですかね~?」

などの会話が飛び交っています。

こんな話を聞くと、今まで「そんなことできるはずがない」と思っていた常識や思い込みのブロックがぶち壊されます。

今度、懇親会があったら、試しに参加してみてください。

先生の周りには、有益な情報を持っている人が隠れているはずなので。

ヨリミツ