あなたの地域に強いライバルがいる場合の戦​略

おはようございます。

YMC株式会社の山本です。

今日は、

  • あなたの地域に強いライバルがいる場合の戦略

についてお話します。

そのエリアで一番強いライバルは、その地域のイノベーター、つまり革新者なわけです。

斬新な、新サービスを提供し、流通させ、お客さんを教育をする費用を負担します。

この努力やリスクは、「地域ナンバーワン」というカタチで報われることになるわけですね。

しかし、別のお店が目をつけて、コピーしたり改良したりすることもあります。

これを、

  • マーケットフォロワーの戦略

と呼びます。

フォロワー戦略は、一番目のリーダーを抜くことはできませんが、最初の「開拓費用」を負担してないので、高い利益を出すことができます。

ハーレーの模倣品を売りまくっているS&Sサイクル

バイク好きの人ならご存知「ハーレー」。

そう。

あのバイクメーカーのハーレー・ダヴィッドソンです。

タトゥーの入ったごついバイカー達がまたがるような武骨なイカツイやつですね。

このハーレーは、バイクメーカーにおいて唯一無二のポジションをもつバイクメーカーです。

彼らはバイクというより、「ライフスタイル」を売ることで、唯一無二になっているんです。

ま、ここまでは、マーケティングをカジッたことがある人は、耳にタコができるほど聞いていると思います。

ここからが重要。

実は、このハーレーの「模倣品」を売りまくって儲けている会社があるんです。

S&Sサイクルという会社があって、ハーレー風のカスタムパーツをメッチャ作っているんです。

ハーレー風のバイクを作る模倣企業がたくさんあって、それらの企業に部品をおろしています。

しかも、ハーレーのエンジンよりも、性能がよく強烈なエンジンを作っている(笑)

ハーレーの偽者というか、高性能にカスタム製造されたエンジンで、しかも安い。

そもそも、S&Sサイクルは、ハーレーの作った正規品をさらに改良したパーツを製造することで有名になったそうです。

S&Sサイクルは、毎年新しいハーレーのバイクを注文して、エンジンを分解。

そのエンジンの改良点を探して、さらによいエンジンを作るそうです。

ハーレーの開拓した市場をかっさらうわけですが、これが、マーケットフォロワー戦略。

こんな感じで、その市場で2位以下の企業は、いろんな戦略を駆使して生き残りをしていきます。

市場の一番強いやつのサービスよりも、ちょっと高機能なサービスを売れ

このマーケットフォロワー戦略は、どの業界でも可能です。

まずは、地域ナンバーワンのお店のリサーチですね。

その地域でナンバーワンのサービスを調べあげます。

  • サービス内容
  • 価格

そして、サービス内容をちょっと良くして、価格をちょっと下げる。

これで、マーケットフォロワー戦略の準備が整いました。

あとは、それを広告をつかい、お客さんに告知をする。

マーケットリーダーには勝てないかもしれないが、おこぼれはいただけるので、食っていけるでしょう。

ただ、競合他社を気にしすぎるのも問題です。

それについて、アマゾンの創業者ジェフ・ベゾスはこう語っています。

「アマゾン・ドットコムのモットーは、競合他社ではなく顧客を気にしようということだ。

競合他社をよく見て、他社から学び、他社(が顧客のためにしていたこと)を見て、それをできるだけ真似る。

でも他社を気にするつもりは、さらさらなかった」

ロバート・スペクター著『アマゾン・ドット・コム』
より引用

  • 競合他社が「顧客のためにしてきたこと」をよく見てマネる

これが重要なんですね。

他にも、弱者が強者に勝つための戦略がありますので、またの機会に紹介します。

山本