今月は、すでに「7名」の交通事故患者さん​が新規で来てます

こんばんわ。

YMC株式会社の山本です。

ヨリミツ治療塾では、今月まだ12日しか経ってないですが、すでに新規で「7名」の交通事故患者さんが来られています。

※だいたいネット経由です

「なんでそんなにネット集客できるんですか?」

という質問が結構くるんですが、答えはシンプルです。

「ネット広告」を活用し「改善を繰り返し」ているし、「手間をかけて記事を増やしている」からです。

  • ネット広告に投資しアクセスをたくさん集めている(短期目線)
  • SEOで上位にあがるように記事を増やしている(長期目線)

というダブルパンチ手法です。

グーグルは慈善団体ではない。広告屋である

ネット集客というと、多くの方は「SEO」をやりたがります。

基本的には「無料」ですからね。

SEOっていうのは、検索エンジン最適化を意味します。

検索結果で自分の治療院のWebサイトが、より多く露出されるために行う一連の取り組みのことを指します。

んで、多くの治療院経営者は、なぜかSEOにこだわります。

  • どうやったら『ムチウチ ◯◯市』で自分のサイトがSEOで上位に来るんや!

ってことを必死に考えて対策します。

・・・が、この考え方自体が、ちょっと的はずれだったりします。

たとえば、グーグルで『ムチウチ ◯◯市』で検索したときに表示される検索結果はどういう基準で順位が決まるんでしょうか?

実は、「グーグル独自の基準」でランキングを出しています。

つまり、ブラックボックスであり、

  • SEOに明確な答えは、ない

というのが正解です。

唯一ある答えと言えば、

  • グーグルは検索する人に最適な検索結果を提示したい

という理念があるってことだけです。

ちなみに、ヤフーもグーグルの検索システムをレンタルしているので、ヤフーもグーグルも基本的には同じ検索結果になります。

検索エンジンでは、グーグルが全てを牛耳っているワケですね。

そもそも、グーグルは何屋さんでしょう?

ここがわかってないとズレます。

グーグルは「広告屋」さんです。

そして「その広告を価値づけするため」に「検索結果」を提供している。

ちなみに、僕は1990年台から検索エンジンを使っていますが、検索性能が格段に進歩しています。

昔は、検索しても、全然、自分の欲しい情報に、たどり着かなかったですね。

ただ、ここ数年で、モノスゴイ進化を遂げています。

すごい金額を投資して、グーグルは検索エンジンを進化させたんです。

もちろん、検索エンジンは「無料」で使えますが、グーグルが慈善事業でやっているわけではありません(笑)

その検索結果に「広告」を出して欲しいがために、グーグルは検索エンジンを運営しているわけです。

これがわかれば、何が言えるか?

  • グーグルにお金を払ったら、簡単に検索上位に出してくれる
  • グーグルは裏技のようなSEOをされたくない

ってことですね(笑)

もちろん、上位に出たあとが勝負ですけどね。

結局、「お金をかけるか」「手間をかけるか」しかない

ようは、

  • ちゃんとルールを理解してんのか?

という話なんですよ。

目の前の現象だけをみて全てを判断せずに、ウラ側では、どういう意図で動いているのか?

を見なければなりません。

もちろんSEOがダメってわけではありません。

  1. SEOで結果を出すためには、時間と手間をかけて、コツコツやる必要がある
  2. 結果が出るまでにキャッシュフローがマイナスになれば、治療院が潰れるよ
  3. という話です。

    まあ、ネット広告、SEOのどちらをやるにせよ、

    • ホームページは作ったあとが勝負

    ということです。

    ホームページの内容を入れ替えたり、付け足したり、しなければならない。

    あなたの治療院のホームページ、

    「作って終わり」

    になってませんか?

    山本

    <追伸>

    治療院のネット集客のヒミツをウェブセミナーでお話します。

    ※詳しくはこちらのリンクをクリック!