その「最新の治療機器」や「目新しい手技」​って本当に患者さんは欲しがっている?

『美しい女性を口説こうと思った時、ライバルの男がバラの花を10本贈ったら、君は15本贈るかい??

そう思った時点で君の負けだ。

ライバルが何をしようと関係ない。

その女性が何を本当に望んでいるのかを、見極めることが重要なんだ』

byスティーブ・ジョブズ(Apple創業者)

おはようございます。

YMC株式会社の山本です。

  • その施術を受けるかどうかは「患者さん」が100%の決定権を持っている

というお話をします。

冒頭はスティーブ・ジョブズの言葉を引用しましたが、僕らのビジネスを取り巻く環境は「みつどもえの争い」です。

  1. 自社
  2. お客さん
  3. ライバル

ビジネスっていうのは、「ダイエットで10キロ痩せる」などのように、ただ、自分の目標を決めて、頑張るだけではダメです。

その努力が、正しい方向なのかが重要です。

つまり、自分のサービスが、

「お客さんに取ってニーズを満たすものなのか?」

ってことを追求しなければなりません。

さらに言うと、ライバルも存在します。

自分が、お客さんに取ってニーズを満たすサービスを提供できたとしても、ライバルが「もっとニーズを満たすサービス」を提供したらどうでしょうか?

ビジネス的には負けてしまうことになる。

こういった大前提があるとしても、冒頭のジョブズの言葉は非常に深いです。

その「最新の治療機器」や「目新しい手技」って本当に患者さんは欲しがっている?

世の中には、たくさんのセミナーが行われています。

もちろん治療技術は必要ですし、それを補う機械は、ないよりあったほうが良い。

それは間違いないんだけども、大前提として、先程のジョブズの言葉があるわけです。

『美しい女性を口説こうと思った時、ライバルの男がバラの花を10本贈ったら、君は15本贈るかい??

そう思った時点で君の負けだ。

ライバルが何をしようと関係ない。

その女性が何を本当に望んでいるのかを、見極めることが重要なんだ』

ライバルの治療院が◯◯という手技をやっているから、

ライバルの治療院が◯◯という機械を取り入れているから、

とかはちょっとズレているワケですよ。

  • その患者さんは、いったい何を欲しがっているんだろうか?

ということに思いを馳せないとイケない。

それを突き詰めて考えていけば、

  • 最新の治療機器
  • 目新しい手技

は、もしかしたら、いらないかもしれない。

この辺を、よく考えてみる必要があります。

山本