一歩踏み出してやってみると今は本当に良か​ったなと、やって良かった

こんにちは。

YMC株式会社の山本です。

先日より募集しているセミナーですが、このセミナーは、180日間にわたるプログラムの説明会にあたります。

実際にプログラムに参加した先生に、インタビューしましたのでご覧ください。

一歩踏み出してやってみると今は本当に良かったなと、やって良かった

大阪 とも鍼灸整骨院 川田先生へのインタビュー

※インタビュー動画をご覧いただくにはこちらをクリック!!

川田先生は、まだ20代の若い先生ですが、非常に積極的にプログラムに参加していただきました。

このプログラムでは、たくさんの課題が出されるわけですが、彼は、どれも「初めてやることでした」とおっしゃっていました。

しかし、川田先生は、素直に全部取り組み「カタチ」にしていきました。

保険ばかりで、まったく自費メニューをやってなかったそうですが、このプログラムを機に、自費を取り入れるようになり、現在は、少しずつですが、売れていくようになったそうです。

今まで持っていなかったホームページも、先日完成し、

「ついに!HPから1人目の患者さんが来られました!」

と報告をいただいたのも印象的でした。

まだ、彼の活躍は始まったばかりですが、今後の、発展が楽しみであります。

素直さは、最大の武器

川田先生は本当に素直で、アドバイスしたことを、何の疑いもなく、すぐに実践しています。

この素直さは、本当に素晴らしいです。

僕も見習わなければ、とさえ思います。

名曲『春の海』を作曲した宮城道雄は、こんな言葉を残しています。

『修行中は馬鹿になっていなければ上達しない。

馬鹿という言葉を言い換えれば、ものに拘(こだわ)らない素直なことである。

理屈っぽいのが一番修行の妨げになる』

by宮城道雄

これは、本当にその通りです。

師匠に習って勉強するのであれば、その期間は、盲信的に全てを信じる必要があります。

信じてやったもん勝ちだよ

「これやったほうが良いよ」

と、自分が信頼できる人に言われたら、証拠など求めずに、やればいいです。

大事なのは「自分が信頼できる師匠」のアドバイスなのか?

ってだけです。

嫌いな人から言われたアドバイスなんて、信用できないですし、プラセボの関係で結果でませんし。

あなたが、もし、このプログラムに入ったとしたら、その期間は四の五の言わずに、盲信的に行動しなければなりません。

それが、成果を出す、一番の秘訣なんですよ。

逆に、少しでも疑いがあるなら、辞めたほうが良いです。

そして、一度「やる」と決めたなら、疑わずに全部やらないとダメです。

習うときは、ファクトなんて求めてはいけません。

それがエチケットなわけです。

カルト教団の教祖様の言葉は、絶対です。

そこに、

  • エビデンス
  • 証拠
  • ファクト

など必要ありません。

そういう次元の話ではないのです。

死ねと言われれば、死ななければならないし、殺せと言われれば、殺さなければならない。

そーいうもんなんです。

甲子園で優勝できるチームの野球部なんて、こんな感じですよ。

論理ではないんです。

ただし・・・

これは、かなり高度なマインドセットです。

普通の人は、そう言ったマインドセットを持ち合わせていませんし、最初から信用はしてくれない。

だから、あなたが患者さんを新規で人を集める場合は、エビデンスを提示しなければなりません。

※だから我々も「このプログラムの声」を紹介しているわけです

  • お客様の声
  • 治療で症状が良くなるというデータ
  • 権威からの推薦

ですよね。

なので、

  • 自分のお客さんに対しては、エビデンスを提示し行動させる
  • しかし、自分はエビデンスがなくても行動する心意気で

というスタンスが大切です。

山本