ほぼ100%の確率で、あなたの治療院の売​り上げを改善する方法

『計測できないものは、改善することができない』

byアンソニー・ロビンズ

こんにちは。

YMC株式会社の山本です。

ほぼ100%の確率であなたの治療院の売り上げを改善する方法を教えます。

その方法とは…

  • 売り上げを“計測”して、それを“認識”すること

です。

「山本さん!舐めているんですか?そんなのどこの治療院でもやってますよ!」

と言われそうですね(汗)

ところがどっこい、意外と計測できてない場合が多いです。

マラソンを早く走るためには練習時にタイムを計測すれば良い

僕は趣味でトライアスロンをやってますが、最近、ある時計を買いました。

ポラールv800

GPSが付いている時計で、自分が走っているときの速度とかペースなどを計測できます。

こんな感じで、練習時のあらゆる数字が“見える化”されます。

1キロごとのラップタイムも出るし、心拍数なんかも出ます。

今までは、まったく計測せずに練習してましたが、この時計を買って練習時のタイムを計測するようになったら

  • 練習するたびに勝手にタイムが早くなる

という現象が起こりました(笑)

不思議ですが、計測すると心理的に、

「どうせ記録に残るんなら、良いタイムを出したい」

と思ってしまうんですよね。

しかも、練習するたびにタイムが伸びるので、練習がたのしくなります。

※いままでサボってたのがよく分かる

これ、実は

「計測できるかどうか?」

ってビジネスでもすごく大事なことってのが、以前の職場のときに経験しました。

うちの店でビリヤードが廃れて、ダーツが流行った理由は「計測の有無」である

以前、働いていた職場は、もともとビリヤード場だったんですが、ビリヤードって儲からないんですよね。

その理由は、

  • お客さんがビリヤードを楽しめるレベルに到達しないから

なんです。

ビリヤード場に何回も足を運んでもらうためには、お客さん自身が「ビリヤードって面白い!」って思ってもらう必要があります。

んで、人間が何かに夢中になってハマるには、

  • 成長が目に見えてわかる

って非常に重要なんです。

練習してもうまくならないやつなんて、面白くないわけですよ。

ところが、ビリヤードって、初心者のうちは、面白さってわからないんですよ。

ある程度のウデになったら、のめり込むんですけどね。

ところが、ダーツは違いました。

「ビリヤードだけじゃ儲からないから、ダーツでも導入するか?」

って感じで、僕らが導入したダーツマシン。

このマシンは、スゴくて、自分のアカウントを登録すると、すべてのダーツの成績が記録されるんです。

その成績を全て携帯で確認できる。

全国ランキングも出るし、その店のランキングも算出されて、すべての人がそれを見ることができる。

これは強烈でしたね。

僕がトライアスロンの練習をガンバルかのごとく、お客さんはダーツにのめり込みました(笑)

自分の成績が「見える化」されるって、そのプレイヤーのモチベーションに与える影響は、ほんとうにスゴイものがありました。

あなたの店では売り上げが数字として見える化されてますか?

まず、売り上げがグラフなどで表現できるように、見える化しましょう。

必ずしも、パソコンのソフトを使う必要はありません。

手書きでもいいので作りましょう。

超アナログですが、メチャクチャ効きます。

こういう成績が見える化されると、不思議ですが勝手に成績があがります。

「計測」して今の状態を「認識」すると、改善できるんです。

あなたの治療院では、成績が見える化されていますか?

見える化できてなければ、そこからスタートしてください。

ほぼ100%の確率で、あなたの治療院の売り上げを改善することができます。

山本