整骨院のホームページやチラシの集客力を圧倒的に上げる超簡単な方法

こんにちは。YMC株式会社の山本です。

テレビで、大学の学生募集のCMを観ることがあります。

少子化の現在は、大学も生徒を集めるのに必死なわけですね。

「このCMはいいなぁ」というのもあるし、反対に、「このCMでは高校生の心は動かんぞ」というのもある。

印象的な2つのCMがユーチューブにあがっていたので、見比べて下さい。

同じ15秒のCMですが、どっちがより受験生を集客できるでしょうか?

そして、そう思う理由は何でしょうか?

美作大学のCM

神戸親和女子大学のCM

ぶっちゃけ、正解はないですし、このCMの効果を測定することも不可能です。

なので、僕なりの主観なんですが、どっちのCMがより集客できるかを解説をしたいと思います。

どっちのCMが集客できる?

美作大学のCMですが、はっきりいってインパクトはあります。

でも、このCMを観たからといって、まったく受験をしたくはなりません。

理由は、

●卒業後のゴールが複数あり未来をイメージしにくい
●インパクト重視にしたからなのかメッセージが抽象的で伝わりづらい

からです。

このボイスパーカッションをする女の子が、美作大学にゆかりがあるかと思って調べてみると、特に関係ない(笑)なので、彼女を起用した理由に関しても説得力がありません。

一方、神戸親和女子大学のCMは、超わかりやすいです。

“4年後の自分”を意識させ、未来をイメージさせています。

学校のメインメッセージも「先生になるなら、親和!」と明確にターゲットを絞っており、CMもそのメッセージをゴリ押ししています。

さらに、短いCMの中でも、教員の採用実績もあげている。

「先生になりたいなぁ」

とボンヤリでも思っている高校生や中学生は、見ずにはいられないCMになっています。

自然と、受験校の候補にピックアップされるでしょう。

15秒のCMだけの集客力で言うと、神戸親和女子大学に軍配があがります。

3つ言うのは、何も言わないのと同じ

名作“星の王子さま”を書いた作家であり、飛行機のパイロットでもある、サンテグジュペリは言いました。

「設計士が“完璧さ”を達成したと確信するのは、それ以上付け加えるものがなくなったときではなく、それ以上取り去るものがなくなったときだ」byアントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ

まさに、このとおり。

アップルの製品には熱烈なファンが多いことで有名です。

あらゆる無駄がそぎ落とされた、シンプルなデザインであることが、人気の要因にもなっています。

iPhoneにはボタンが一つしかありませんし、Macも超シンプルです。あれこれと付け足すのではなくて、極力削っているんです。

日本の家電メーカーの、テレビリモコンとかひどいですよね(笑)?

ボタンがあり過ぎて、チャンネル変えるのも、ひと苦労です。

いろんな機能を付けるのではなくて、あえて絞ったほうが使いやすいはずです。

治療院のチラシやホームページでも、この理論は全く一緒です。

限られたスペースにあれもこれも詰め込みたがる先生がいますが、ヤバイわけです。

●3つ言うのは、何も言わないのと同じ

言いたいメインメッセージは1つだけにすることで、集客力はあがります。

“あれもこれも病”にならずに、思い切って絞って見て下さいね。

山本