整骨院経営で失敗する人は、●●から目を背​ける人

おはようございます。

YMC株式会社の山本です。

引っ越しをすることになりました。

会社から歩いて数分の場所ですね。

それで、引っ越しの準備をしているわけです。

家の中にあるモノを整理していると、昔の記憶がよみがえるものが出てきます。

以前、もらった、寄せ書きとか。

あとは、

  • 督促状
  • 差押状

とかですね…。

なぜか捨ててなかったやつが、何個か見つかりました。

ビリビリ破って、ゴミ箱に捨てました。

あとは、タンスの奥から出てきた、USBメモリ。

パソコンに刺して、中身を見てみると…。

携帯電話で撮影した、画像が出てきました。

2008年、2009年、くらいに撮影した画像です。

当時、ビリヤード店に勤めていたわけですが、借金が200万円くらいありました。

しかも、収入0円です。

どうにかして、金を稼がねばならないってことで、必死に新しいスキルを独学で勉強しました。

HP作成のスキルですね。

仕事が夜中3時に終わった後、24時間営業のマクドナルドまで出向き、勉強してたんです。

当然、寝てないわけですから、マクドナルドで知らない間に、寝落ちするんですよね。

気がつけば、お昼みたいな。

そんな時期にマクドナルドで撮った写真が出てきたんです。

(ああ、懐かしいなぁ)

と思うと同時に、当時のことを思い出して、妙な気分になりました。

人間は、見たくない現実から、目を背ける生き物

僕は、当時、自分の人生を変えるために、超ハードワークをしました。

今までとは、

  • 全く違う考え方
  • 全く違うパターン
  • 全く違う行動

で生活することを決めたんです。

普通は、今までパターンを変えることはできません。

怖いから、惰性で過ごしてしまいます。

カエサルは言いました。

『人は現実のすべてが見えるわけではなく、多くの人は見たいと思う現実しか見ない』

人間って、面白いもんで、

  • 見たくない現実から、目を背ける生き物

なんですね。

臭いものにはフタをする。

でも、僕の場合は、追い詰められていたので、

  • 背けていた酷い現実に、向き合わざるを得なくなった

わけですよ。

借金の督促をされまくったら、さすがに目を背けるわけにはいかなくなる。

なので、崖っぷちで、変えることができました。

ただ、優秀な人は、追い詰められなくても、見たくない現実を直視することができます。

だから、ちょっとでもトラブルがあると、いち早く解決策を打つことができます。

でも、僕のようにバカな人間は、とことんまで追い詰めて、ギリギリになって、ケツに火が付かないと、

  • 見たくない現実から、目を背ける

わけです。

見たくない現実を直視できる人は、経営も成功する

逆に言うと、

  • 見たくない現実を見られる人

は成功します。

弱点とか、苦手な部分とか、トラブルを抱えている部門とかに勇気を持って切り込める人です。

これができる人は、極々少数ですが。

まあ、普通はカエサルが言うように、人間には盲点があるので、なかなか見えてこないわけです。

ただ、他人から見たら一目瞭然だったります。

しかし、周りの人は、指摘してくれないですよね。

「この部分、ダメだから変えたほうが良いよ」

とは、言ってくれない。

特に、経営者になると、組織のトップなので誰も言ってくれないですよ。

スタッフも、それを指摘すると、経営者は怒るとわかっているので、気がついてても言えません。

だから、そういう部分を指摘してくれる人が必要なんですね。

それは、

  • 同じ志を持っている経営者仲間
  • すでに先に進んでいる先輩
  • 客観的な意見を言ってくれる師匠

ですよね。

そういった、環境づくりは、意外と大事だったりするんです。

そうじゃないと、僕のようにケツが半分燃えるくらいにならないと気が付かなくなります。

半分燃えている状態になると、もう無事では助かりません。

松下幸之助でも、孫正義でも、ビル・ゲイツでも、助けることはできません。

そんなことにならないように、

  • 見たくない現実を直視

してください。

ふと、目を後ろに向けると、ケツからケムリが出てませんか?

山本