治療院に患者さんを集客するための情報を配信しています

接骨院,整骨院の集客専門YMC(ワイエムシー)株式会社

治療院の売上をあげるには?

なぜカジノではお金をチップに換えるのか...?

投稿日:2015年12月18日 更新日:

IMG_7049_630
おはようございます。
YMC株式会社の山本です。


僕は以前にビリヤードのプロを目指していたので、ビリヤード屋で働いていました。

ビリヤード以外にも、


  • ダーツ
  • カラオケ
  • スロットゲーム


なども取り扱っていたわけです。

メインが何屋さんなのかさっぱりわからないような店でしたね。


この中でも、もっとも高利益率をあげていたのは何だと思いますか?


ビリヤード?


いやいや、ビリヤードは全然儲かりません。


カラオケ?


カラオケも全然ダメです。


答えは、



●スロットゲーム



でした。


スロットゲームに100円を入れるとクレジットが上がって、それで実機さながらのスロットができるってやつです。

一定数クレジットが貯まると、景品が出るゲーム機です。


これが、バカみたいに儲かりました。

多い日で、1日に10万円とか売り上がるんです。


ゲーム機で(笑)


100円玉で10万円分って、スゴイですよ。

10キロ近くはあるんじゃないですかね?


じゃ、なぜスロットゲームはこんなにも儲かったのでしょうか。


秘密は、


●100円玉


に両替することにあります。


なぜカジノではお金をチップに換えるのか...?


たとえば、カジノ。


なぜカジノでは、客の持っている本物のお金をわざわざチップに換えているのか?

これを考えてみてください。


簡単ですよね。


現金がチップに変わった瞬間、それはお金ではなくて「モノ」になるのです。


人間はお金を使うと痛みを感じますが、チップに変わるとあら不思議。


●お金を使っている感覚が消失


するのです。


ぼくの知っているダーツ・ビリヤード場では、この方法でとても成功していました。


つまり、その店でしか使えない通貨を作ったんです。


店に入った瞬間に現金は使えなくなります。


まず店に入ると1000円でコインを何十枚かを買わせます。

そのコインでジュースを買ったり、ダーツをしたり、ビリヤードをしたり、ゲームをしたりするんですね。


こうすることで、客の金銭感覚が狂って余計にお金を落とすようになります。

パチンコで、現金が玉になると金銭感覚が狂うのと一緒です。


うちの店の事例で言うと、


スロットゲームは100円専用なので、遊ぶためには両替しなければならない。


「1000円札」→「100円玉10枚」


に両替すると、あら不思議。


金銭感覚が狂うんです。


それは1000円の価値ではなくて、100円玉が10枚のチップになる。


恐ろしいですねぇ。

たったそれだけのことなんですが、お客さんの100円玉はどんどんとスロットゲーム機に吸い込まれていきました。


お金ではない「何か」に交換せよ


これ、色んなビジネスで使われています。


  • クレジットカード
  • Suica
  • 楽天ポイント


などが典型例ですよね。


治療院でも、こういった仮想通貨を簡単に取り入れることができます。


回数券なんかも、一つの仮想通貨ですからね。


売上をアップさせるため、ものすごい「理」にかなっているんですよ。

徹底的にやるのであれば、本当にコインを自作して治療院独自の貨幣を作っても良いでしょう。


治療院独自の紙幣を作っても良いかもしれません。


ちょっとした工夫で、売上ってあがるんですよね。



山本


患者様を整骨院にリピートさせ、客単価もあげる方法

-治療院の売上をあげるには?
-

Copyright© 接骨院,整骨院の集客専門YMC(ワイエムシー)株式会社 , 2017 All Rights Reserved.