治療院に患者さんを集客するための情報を配信しています

接骨院,整骨院の集客専門YMC(ワイエムシー)株式会社

治療院の売上をあげるには?

【重要】7月9日の大阪自賠責セミナーです​が、あと1名です

投稿日:


こんにちは。

YMC株式会社の山本です。


先日より募集している「自賠責劇的集客ワンデイセミナー2017」

※お申込みされる方は下の画像をクリック!!




追加募集をかけましたが、ほぼ満席です。


  • あと1名だけ



という感じです。



ネット集客の成功の秘訣は「売り手目線」をいかに捨てるか


僕らがネット集客で成功している秘訣は、


  • マイナスの発想



です。

何かを加えるってことではなくて、


  • いらないものは排除する



という考え方をしています。

たとえば、ホームページを改善しようとしたときに、


「弁護士と提携しています!」

「分院はココとココとココとココがあります!」

「エキテンの口コミはこちらをクリック!」

「Facebookはこちらです!」

「求人もしています!」

「楽トレの効果を知りたい方はこちらをクリック!」



など色んな情報を入れたくなります。

これは、


  • プラスの発想



ですよね?


たしかに、色んな情報を載せるのは悪いことではないですが、逆に言うと「ノイズ」になる可能性もある。

なので、僕らは、逆を行きます。


  • マイナスの発想



を持ってHPを運用します。

いらないであろう情報は、どんどん削除する。


だって。。。


患者さんは、みんな小さな画面のスマホで見てるんですよ?

HPにゴテゴテ情報があるとウザいし、迷う。


しかも、スマホは光回線のように速くないですよ?

ギガを使いすぎて、低速モードになっている人もいるわけです。


HPにゴテゴテ情報があると、スマホでの表示が遅くてイライラする。


売り手を目線だと、


「弁護士と提携しています!」

「分院はココとココとココとココがあります!」

「エキテンの口コミはこちらをクリック!」

「Facebookはこちらです!」

「求人もしています!」

「楽トレの効果を知りたい方はこちらをクリック!」



と言いたくなるのはわかるが、患者さん目線だと、


  • そんな情報はいらねぇ



と思っているかもしれません。


売り手を目線(プラスの発想)を一度捨てて、患者さん目線(マイナスの発想)を持ってみると、新しい世界が見えてくるかもしれませんね。

※お申込みされる方は下の画像をクリック!!



※あと1名




山本

-治療院の売上をあげるには?
-

Copyright© 接骨院,整骨院の集客専門YMC(ワイエムシー)株式会社 , 2018 All Rights Reserved.