治療院に患者さんを集客するための情報を配信しています

接骨院,整骨院の集客専門YMC(ワイエムシー)株式会社

治療院の売上をあげるには?

治療院経営者の大部分がおちいる致命的な勘​違い

投稿日:


おはようございます。

YMC株式会社の山本です。


  • 治療院経営者の大部分がおちいる致命的な勘違い



についてお話します。


その勘違いとは・・・


「治療院事業を成り立たせるために、まず必要なのは治療技術である」


って勘違いです。


これ、実は違うんですよね。

治療院ビジネスで、もっとも重要な活動は、治療技術を磨く活動ではなくて、


  • 販売活動



なんですね。



経営者にとっての最優先課題は販売活動


アメリカ人の『飲みたいビールNO.1』の栄誉に輝くビール『サミュエル・アダムズ 』って知ってますかね?


このビールを作っているボストン・ビア・カンパニーを創業したジム・コックもいかに販売活動が重要なのか、を話しています。


ジムがまだ創業したてのころ、おじさんから一本の電話がかかってきました。

電話主のおじさんが、そのビール会社のスポンサーの一人でした。


「今日は何してたんだ?」


と、おじさんはジムに聞きました。

ジムは、コンピューターシステムを購入するために1日を費やしていたと答えました。


「なんでコンピューターがいるんだ?」


販売や支払いなどを管理するためにコンピューターが必要になるから、とジムは説明しました。


「なるほど。で、ビールは売れたのか?」


ジムは、まだだと素直に認めました。


「それなら、コンピューターを買っている場合じゃないだろ?いいか、商品が売れなくて破綻する会社はたくさん見てきたが、コンピューターがなくてつぶれる会社はない。まずは重要なことから、とりかかったらどうだ?」


その、おじさんの話を聞いて、ジムは目が覚めました。


開業に向けたプロセスを間違っていたんです。


事業を成り立たせるために必要なものは、コンピューターでもオフィスでも机でもない。


  • お客さん



だと気がついたんです。


次の日、さっそくジムはビールの販売活動に出かけました。

オフィスの近くにあるバーに行き先を決めると、ピンストライプのダークスーツに着替えました。

ブリーフケースに冷たい『サミュエルアダムス・ビール』を6本ぶち込んで、ドキドキと緊張しながら店に向かったのです。


店に入ると、イカツイ兄ちゃんがバーカウンターにいました。


「すいません、ちょっとお話があるのですが・・・」


しかし、その兄ちゃんは単なるアルバイトで、全く話にならず。

すると、そこに店長が現れました。


「どうしたんや?」


ジムは、店長に来店の目的を再度説明し、ビールを一杯つがせてもらえないかと頼みました。

店長はグラスに入ったビールを見回すと・・・

色を確かめ、匂いを嗅ぎ、口をつけました。

そして飲み終わるやいなや・・・


「うまいやないか。25ケース注文するわ」


ジムは信じられないという気持ちになりました。

たった10分で、極度の緊張が最高のうれしさに変わったのです。


おじさんの助言で、間違ったプロセスによって事業をダメにする前に、ビールを販売する方法を見つけ出したんです。


まずは地元のバーというバーを一軒一軒、全部まわって、バーテンダーに試飲してもらう。

そして、本物のビールを実感してもらおうという「草の根PR活動」を展開しました。


狙いは当たりました。


大麦、ホップ、イーストと水だけで作ったコクのある本格派のサミュエルアダムス・ビールは、バーテンダーの口コミでたちまち全米中に広まります。

リリース半年後には、世界最大のビールフェスティバルで、ベストビールに選ばれるほどの人気に。


これは、貴重な時間をコンピューターの購入に費やすよりも、事業の必須条件である「商品を売る」ことを優先すべきだという「おじさんの言葉」のおかげなんです。


今では、ボストン・ビール社の売上は2億ドルを超え、地ビール市場のリーダーになっています。



自分のパワーの7割を販売活動に費やさないとダメ


多くの治療院経営者もジムと同じ過ちをしがちです。


  • 店舗の内装にこだわったり

  • ロゴにこだわったり

  • 施術の内容にこだわったり



これらは「ある程度、軌道に乗ったあと」に考えることです。


大事なのは「売る」こと。


お金が手元に残らないと、継続が不可能ですから。


もちろん、施術を「完璧」にすることは非常に重要です。

施術をないがしろにして良いわけではなくて、優先事項にすべきではないってことです。


なぜなら、患者さんからのリアクションがないと、何をもって「完璧」とするのか知りようがないですから。


なので、まずは施術を提供してみて、反応を見ながら改善するしかないわけです。

施術を市場に出す前に、施術技術を完璧に仕上げるために費やした費用と時間は、だいたい無駄になります。

そういった観点で言うと、


  • 自分のパワーの7割を販売活動に費やさないとダメ



ってことになるわけですね。

あなたは、どれだけのパワーを


「販売活動」


に費やせていますか?




山本




<追伸>

このマンガはご覧になりました?

※ご覧になられる方は下の画像をクリック!!

-治療院の売上をあげるには?
-

Copyright© 接骨院,整骨院の集客専門YMC(ワイエムシー)株式会社 , 2017 All Rights Reserved.