治療院に患者さんを集客するための情報を配信しています

接骨院,整骨院の集客専門YMC(ワイエムシー)株式会社

治療院にネット集客する方法

唐沢寿明は、衣装や髪型を自分で決めない

投稿日:

IMG_0056_630
こんにちは。

YMC株式会社の山本です。


僕は車を持ってません。


2名以上で移動する用事があればタクシーを使います。

都会のように電車の交通網が発展してないので、田舎では、車がないと移動できないことがあるからです。

田舎は車社会なんです。


でも僕は、あえて車を持たずに、タクシーを使います。


「タクシーを使うなんて贅沢だ」


と言われそうですが、僕のライフスタイルならタクシーを使うほうが安上がりです。

ま、そんなこんなでタクシーのヘビーユーザーの僕ですが、先日タクシーに乗ってたら、広告にこんなことが書いてありました。


「タクシーで買い物を代行します」


な、なんと。

タクシーの運ちゃんが、代わりにお買い物をしてくれるのかよ、と。

しかも、タクシー代金は無料で、1回350円で代行してくれるそうです。


「札束を振りかざさないと、タクシーが止まってくれない」


そんな逸話も飛び出すほど、バブル絶頂期には左うちわだったタクシー業界ですが、今ではこんなサービスまで提供してくれている。

タクシー業界も生き残りをかけて、常に変化をしているわけです。


時代のニーズに合わせて、業態を変えているんですね。



唐沢寿明は、衣装や髪型を自分で決めない


俳優の唐沢寿明は、


  1. 衣装や髪型を自分で決めない



そうです。


こんなエピソードがあります。


高校中退で親にも勘当された唐沢寿明。

それで芸能界を目指すわけですが、オーディションにも全く受からず途方に暮れた時期があったんです。

自分を売り込むためにテレビ局を回っても、目の前でプロフィールを捨てられる毎日。


売れるためには、何をすれば良いのか全く分からなかったわけです。


そんなある日…

当時、所属していた事務所の社長に唐沢寿明は呼ばれました。


「今日からこれを着なさい。あなたはこういう格好が似合うと思う」


社長が出したのは、真っ白いポロシャツにチノパン。

当時、唐沢は、古いジーパンに革ジャンというワイルドな服装だったんですよ。


「ポロシャツにチノパンは軟弱者が着る服だろ…おれはワイルドで行きたいのに、こんなダサい服なんて着れねぇよ…」

と唐沢は内心おもったそうです。


とはいえ何かを変えたい一心で嫌いな服を着ることにしたんです。

すると……

周囲の目がガラリと変わった。


「何か最近、爽やかですね」


との反応が来るように。


そんなある日、マネージャーのススメでNHKのディレクターにあいさつに行くと、明らかにディレクターが唐沢に食いついた


ディレクター「今ちょうど役があるんだけど…丸刈りにできる?」

唐沢「はい!」

ディレクター「役が決まったらでいいんだけどね」



まだ役が決まっていなかったにも関わらず、唐沢はいても立ってもいられず丸刈りに(笑)


このとき出演が決まったのが、NHK朝の連続テレビ小説の「純ちゃんの応援歌」ですね。

ポロシャツで爽やか路線に変更した途端にNHKの朝ドラの主要な役を掴むことができたんです。


自分が「俳優としてこうありたい」と他人から「求められるもの」は違うわけですよ。

これ以来、


  1. 唐沢寿明は、衣装や髪型を自分で決めたことがない



そうです。

周りのスタッフの意見を聞いて、すべて決定するそうです。

自分自身が「ダサい」と思っていても、それは関係ないんです。


他人が「イケてる」と判断すれば売れるんですから。


自分自身の主観はさておき、世の中に受け入れられるように、常に変化していく必要があるわけですよ。



自分が提供したいことと、世間が求めているモノは往々にして違うことが多い


治療院でも、ネット集客に対応してない店舗は、もう変化に乗り遅れて、右肩下がりになってます。

理由は簡単です。


今の時代はお店を探すために、ネットを使う人が増えました。


スマホで検索する患者さんがめっちゃ多い。

そうなると、もはやHPがない治療院は、存在しないと同じなんです。


自分の主観はどうあれ、世間のニーズがそこにある。


ならば対応しないとそれはおかしいわけですよ。

だから、僕らも


  1. 買い物代行するタクシー会社

  2. 周りのスタッフに衣装を決めてもらう唐沢寿明



のように常に変化をし続け、対応していかないとイケないのです。


あなたは、変化していますか?



山本

-治療院にネット集客する方法
-

Copyright© 接骨院,整骨院の集客専門YMC(ワイエムシー)株式会社 , 2017 All Rights Reserved.