治療院に患者さんを集客するための情報を配信しています

接骨院,整骨院の集客専門YMC(ワイエムシー)株式会社

潰れない治療院の会計学

同じ売上でも、ある工夫をすると急に儲かり始めます。その方法とは?

投稿日:

630_970550_560507284001194_1398156238_n
「スタッフが全員辞めたとしても店は潰れませんが、キャッシュが回らなくなった瞬間に治療院は潰れる。たとえ黒字だとしても」


おはようございます。YMC株式会社の山本です。

先日、セミナーで経営について、お話をさせていただきましたが、そのときもお話をした、

「キャッシュフローの大切さ」

についてお話をさせて頂きます。


キャッシュは商売における『王様』である


キャッシュが枯渇すれば事業の継続はできません。

手元にあるキャッシュの残高は、経営をしていくうえで最も注意しなければならない数値です。

極々、当然のことですが、あえて書きます。

治療院が黒字ならキャッシュが増え、治療院が赤字ならキャッシュが減るってことになれば良いですが、現実的にそうは行きません。

黒字でもキャッシュがどんどん減っていくことがあるし、赤字のなのにキャッシュが潤沢にあることも起こりうる。

健康保険とか、自賠責保険での施術は、窓口負担とは別に請求するわけですが、現金が振り込まれるのは、かなり後になります。

つまり、売上は立っているが、現金が手元にない状態なわけです。

いわゆる、これが売掛金ってやつですね。

この現金が手元にないタイミングだったら、重要な支払いなどが滞ってしまう可能性があるわけです。



「支払いの期日は明日までや!来月にお金が入ってくるはずなのに、手元の現金がなくて支払えない!」




この状態になると、帳面上は黒字であっても、事実上の倒産です。

治療院にかぎらず、ビジネスでは、このキャッシュフローが「絶対的にプラス」でなければ、超ヤバイわけですね。


「いや、別に売掛ても支払いに困ってないし、そんなに意識してなくても大丈夫やろ?」


って思う方もいるでしょうが、全くもってそんなことはありません。



同じ売上だとしてもキャッシュ・フローがプラスになるだけでこんなにもメリットが


ピンと来ない方のために、解説しましょう。

通常、ビジネスって、成長させるために何らかの投資をする必要があります。



●広告への投資
●人材への投資
●設備への投資
●仕入れへの投資




などですね。

ただ、キャッシュフローがプラスじゃなければ、当然のごとく投資なんてできません。

銀行口座の残高がギリギリならば、毎月、支払いに追われる自転車操業になってしまいますよね。

しかし、なんらかのカタチでキャッシュフローが大きくプラスに転じれば、事業を大きくさせるための投資ができるようになるのです。

治療院ビジネスだとわかりにくいですが、物販のビジネスだと凄くわかりやすくなります。

たとえば、物販ビジネスは、1万円で商品を仕入れて、2万円で売って、利益を得るというモデルですよね?

こういうビジネスは、利益が同じだとしても、キャッシュフローをプラスにするだけで、ビジネスを大きく成長させることができます。

通常、1万円で仕入れて、在庫を抱えておき、2万円で販売し、商品を渡して、1万円の利益が確定するわけです。


ここで、ちょっと工夫をして・・・

2万円で先に売っておいて、その後に、1万円で仕入れて、商品を渡すという流れにします。

しかも、仕入れの決済をクレジットなどにすると、実際の現金引き落としは2ヶ月後になります。

その間、キャッシュは残ったままなので、時差を利用することで、キャッシュフローがプラスの期間を引き伸ばすことができるわけですね。

利益は同じ1万円ですが、前者はキャッシュフローがマイナスで、後者はキャッシュフローがプラスです。

キャッシュフローがプラスである限り、会社は潰れませんし、「投資がもっとできるようになる」ってことになります。

当然、投資ができるようになると、ビジネスは飛躍的に伸びていきます。

健康保険や自賠責保険に依存している治療院は、キャッシュフローがマイナスになりがちです。

なぜならば、キャッシュインが遅いからです。


キャッシュインは、できるだけ早く、キャッシュアウトは、できるだけ遅く


先ほどの物販の事例が良い例です。

まだ商品の仕入代金を支払う前に、注文を取り、前金で売上代金をもらう限り、この会社の資金が枯渇することがありえません。

治療院でも、現実に、こうした収支モデルを実現することは難しいと思われがちですが、実際に実現している治療院もあることを忘れてはいけません。

そうですね。自費治療を回数券などのカタチで前払いしてもらうケースなどが、これに当たるわけです。

以下は、3種類の売上の立て方を表にしたものです。

aaa.001
10日間という簡易版の表ですが、一番上が健保のお金の貰い方です。最終日に7割分が、一気に支払われるようなイメージですね。

真ん中が、自費でのお金の貰い方。毎日、10割の実費をもらい続けたタイプ。

一番下が、回数券などで、未来のお金を前払いで貰ったタイプで分けてみました。

全部、同じ金額を売り上げたと想定しても、資金繰りが全く変わってくるのがわかると思います。

aaa.002
後払いで貰うようなタイプですと、税金などの支払日までに残高がなかったら、事実上、倒産してしまいます。

さらに、投資するという観点で見たときも、前払いで貰った場合は、1日目から投資ができるのに対し、後払いでもらった場合は、最終日まで投資ができません。

aaa.003
今回は、簡易版でのシミュレーションですが、これが現実的にも起こっているわけです。

キャッシュ・フローが悪いと、投資できるはずのお金が投資できなくなるのです。

なので、回数券などを取り入れることは、経営状態を劇的に改善させるためには、必須なのです。

そして、もう一つのポイントは、キャッシュアウトを遅くすること。支払いを出来るだけ遅くする。

たしかに事業パートナーである仕入先や、外注先に迷惑をかけてはならないです。

しかし、取引先への支払いを遅くするということは、めちゃくちゃメリットがあることは、忘れてはいけません。

たとえば、クレジットカードなどで決済をすると、実際の銀行引き落としは2ヶ月後などになります。キャッシュアウトが遅くできるわけです。

カードを使うのが嫌ならば、支払日を遅くしてもらうように頼めば良いです。

こういった施策をやるだけで、同じ利益だとしても、経営パフォーマンスに大きな差が出るわけですね。


追伸

キャッシュ・フローの大切さがわかれば、回数券などの前払いでお金を貰うことの重要性が分かるはずですよね・・・?


回数券を整骨院に導入して自費治療を3倍にし、経営状態を劇的に改善させる方法が知りたいならコチラ




-潰れない治療院の会計学
-

Copyright© 接骨院,整骨院の集客専門YMC(ワイエムシー)株式会社 , 2017 All Rights Reserved.