治療院に患者さんを集客するための情報を配信しています

接骨院,整骨院の集客専門YMC(ワイエムシー)株式会社

治療院の売上をあげるには?

ダルビッシュが「開花」したキッカケとなっ​たデキゴトとは?

投稿日:


こんにちは。

YMC株式会社の山本です。


動画を観てて、ものすごく共感できたのでシェアしますね。

まず、下記の動画を観て下さい。


【ダルビッシュが「開花」したキッカケとなったデキゴトとは?】





今までの延長線で20年生きたときの未来をイメージしてみて下さい


2006年6月13日、プロ2年目のダルビッシュは、当時20歳でした。

先発で登板したわけですが5回で痛烈なホームランを浴びてノックアウト。


「今日は肩の調子が悪かったし、しょうがない・・・」


いつものようにイイワケをした自分がいた。

ところが、その日、東京のホテルに帰ったときに、


「このままのオレでは1.5軍とか2軍の選手になってしまう・・・何か変えなければ・・・」


ここでダルビッシュは、今のままの延長線上の未来をイメージしてみた。


  • 20年後、つまり40歳になって球団をクビになり無職になったときのこと



を脳内でイメージしたんです。

そこで、自分の目の前に神様が現れたとして、


「1回だけチャンスをあげるから20歳のときに戻っていいよ」


と言われて、ラッキーにも20歳のときに戻れたと仮定したんです。


「神様にチャンスを与えられたんだから、努力しないとまた同じことになる・・・!」


ってことにして心を入れ替えたわけですね。



神様にチャンスを貰って20年後から「今」に帰ってきたとしたら?


これは、僕らにも言えることです。


もし仮に20年前に戻れたとしたら?

あなたはどうしますか?


  • もっとたくさん勉強しておけばよかった・・・

  • もっと早くホームページを作っておけばよかった・・・

  • もっとはやくチャレンジしておけばよかった・・・



って思うんじゃないでしょうか?


僕も今の記憶を保ったまま20歳のときに戻れたら、もっと勉強したり、チャレンジすると思います。

それと同じで、今のオレは神様にチャンスを貰って


「20年後から、現在にタイムスリップさせてくれた」


と考えたらどうでしょうか。

今のままのチャレンジせずにダラダラで歩みますか?

それとも・・・


「せっかく与えられた2度目の人生だからもっとチャレンジしていこう!」


と思いますか?


どっちの人生が楽しく歩めるでしょうか?

選ぶのはアナタ次第です。



山本

-治療院の売上をあげるには?

Copyright© 接骨院,整骨院の集客専門YMC(ワイエムシー)株式会社 , 2017 All Rights Reserved.